FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●広告

人生のスペシャリスト・高齢者への尊敬を込めて。ハルチカ7話「周波数は77.4MHz」

ハルチカシリーズは,原作が大好きで。
アニメ化を知った時は喜んだのですが,キャラデザを見て
「ハルタとチカちゃんのイメージ違いすぎるんですけど!!!」
と,ショックを受けまくりました。

それでも,徐々にアニメ放送が楽しみになり。
放送後は,すっかりアニメにもはまって見ております^^
アニメのチカちゃんもかわいいじゃないですか♪

そんなハルチカなんですが。
この作品は,私にとっては「心の中でかみしめる」ような作品で,あえてブログにつけようとかそういうことはなかったんですよね。
かっこいい~!!とか,何かブログで叫びたいとかそういうことがないけれど,心に静かに響くような作品。
「氷菓」のような存在。

それでも。
最近「「介護職員の入所者突き落とし殺人」「高齢者への虐待」なんてニュースで見かけることが多かったので,今回のハルチカ7話については,少しだけブログに残してみようと思いました。本当に少しだけ。

↓(ネタバレありなのでご注意を)

一通り7話を見た後で,7話を最初から見直し,賢者たちの話を聞いてみると,なんだか涙出そう。
私が年齢を重ねて涙もろくなっているかもしれませんが。
7人は,一人暮らしだったり家族とうまく行かなくて,行き場のなくなった老人たちです。
そんな老人たちの居場所を作っているのがカイユでした。無届の老人ホームだから違法なんですけれど,彼らにとっては大事な居場所なんですよね。そして,中学の頃に7賢者たちに助けられた女子高生が偶然その場所を見つけてしまい,世間に見つからないようにそっとしておこうと必死になって・・・
今回も,優しさにあふれた話でした^^
ハルチカ,やっぱりいいなぁ・・・

次回の芹沢さんのおばさんの話「初恋ソムリエ」も,好きなんです…楽しみにしています。



関連記事
●広告

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。