FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●広告

なぜ,漫画・アニメファンが実写化を嫌がるか

ここのところ,氷菓にハルチカに君嘘に。。。と,私の好きな作品の実写化が続々と発表されています。
以下,私の超個人的な,実写化に対しての気持ちです。

●まず,「氷菓」と「ハルチカ」について。
どちらももとは小説ですから,実写化はありでしょう。
ただ,アニメ化して人気があったからこのストーリーは受け入れられるだろう,だから実写にしてみよう,というのがありありとわかって嫌な感じですね。
アニメ以上の素晴らしい作品に,できるものなら是非してみてください。(特に氷菓はアニメ放送から何年もたっていますが,今でも何度も見返すほど好きな,素晴らしい作品です)
ハルチカについては,もともと小説のファンでした。アニメ化に喜んだのですが,キャラデザを見て,あまりにもイメージと違ったために私を含め原作ファンは荒れたんですよね^^;実写じゃなくても荒れる時は荒れます。
それでも,アニメのキャラクターにも慣れて好きになったところに実写化。だったら先に実写化してくれた方が,原作ファンとしては良かったかも。

●「四月は君の嘘」
これも,実写化ありだと思う。
音楽の道に進もうとする子供達のことも多くの人に知ってもらえるといいなと思う。
ですが!!!!!!!
問題は,主人公たちの学年改変。
原作では「中学3年生」のところ,実写では「高校2年生」にかえるんだそうです。
それはないよ。。。。。義務教育で,ぎりぎり子供の彼らだからこそのストーリーだと思うんです。

去年,うちの子たちの中学校の授業参観に行ったとき。
まず,中3のクラスをみて,次の時間は中1のクラスに行ったんです。
もうね,休み時間の雰囲気,全然違うんですよ。
たった2学年の差。でも大きく変わる2年間。
声が違う。テンションが違う。
空気が違う。雰囲気が違う。
こんなに違うんだとビックリするほど。
もちろん,中3と高2でも大きく違いますよ。
この,絶妙な違い。映画スタッフにはわからないかな・・・?ここ,重要なところだと思うのですが。
ハルチカでもハルタが言ってたじゃん。「僕らの1年は大人の1年とは違う」って。
そういうところを大切にしてほしいよな・・・

なぜ,中3の設定を高2にしたんだろう・・・って,そんなの俳優さんたちの年齢に合わせたとしか考えられません。
そういうところが,許せないと思ってしまう理由の一つだと思うんです。
最近の漫画実写化の俳優さんは,20を過ぎた人が高校生役をやることが多い。
高校生役ならなんとかなるだろうけれど,さすがに15の中学生は無理だと判断したのでしょうか。
結局,俳優頼みというところなのも。。。ねぇ。
アニメだって声優さん人気に頼っている面もありますが,キャラクターの年齢を変えたりしないでしょ。その違いです。



以上,3つの作品についてだけですが,私の超個人的な意見を述べてみました。
ファンは「見に行かない!」と思っても,ある程度ヒットする計算ができているから実写化が後を絶たないんでしょうね。
うちの子ではないのですが,オタクでない中高生の子たちが友達とかカップルとかでどこかに遊びに行こう,となったとき,選びやすいところの一つが映画のようです。
そして,話題の作品の実写化で,有名な俳優が出ていて・・・となると,漫画原作の映画はオタク色もあまりなく,何となく選びやすいようですね。
結局,そういう人たちをターゲットにしているような気がします。
そこも,原作のコアなファンの人たちには,嫌だと感じることなのではないかな?
一時的にヒットすることはあるでしょう。でも先々まで語り継がれるような名作映画になることはない。
結局,映画関係者に「原作漫画を次々と消費されている」感があるのが嫌なんです。
ただ,漫画等が人気があるときに,ビジネスとして稼げるときには稼いでおこう,という原作関係者側の気持ちもわかります。
いくら繰り返し読み返したくなる名作の漫画でも,後々まで漫画が売れ続ける保証はないし(古本も多いですしね)
ファンも,いつまでも支え続けるなんて約束はできないわけですから・・・実写化の流れも仕方ないのかな,とも大人としては思いますよ。

あとは,映画の2,3時間の中に,どれだけストーリーを丁寧に,キャラクターの気持ちを丁寧に描くことができるか,そこも不安要因の一つ。
映画ではありませんが,去年「あの花」が約2時間のドラマ化されたのは記憶に新しいところです。
「あの花」のドラマも,アニメとほぼ同じストーリーをなぞりながらも,結局,アニメ「あの花」の感動には到底及びませんでした。
時間が短いためか,キャラクターたちの気持ちの変化を描き切れなかったのが大きな原因でしょう。
映画も,似たような時間ですからね。。。不安はつきません。


昨日は,「銀魂実写化」の情報もネットで流れました。
まだ事実はわからないということなので,情報を待ちたいと思いますが,もし本当に実写決定と発表されたら,大いにこちらのブログで荒れようと思います(笑)
そもそも,アニメのファンのための「紅桜篇」とかはわかりますが,一般の人向けにどういう話にして2,3時間にまとめるんだよ。

<PR>

style="display:inline-block;width:200px;height:200px"
data-ad-client="ca-pub-1289067468364386"
data-ad-slot="1627176253">

関連記事
●広告

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。